JR神戸線・山陽電鉄本線(明石~姫路)のアクセス良好な永代供養墓6選!

明石・加古川・高砂・姫路エリアの駅近(駅から徒歩圏内)永代供養墓6選!

お寺が供養する、誰にも負担をかけない永代供養・樹木葬をご紹介!!

駅から近く(最寄り駅より徒歩15分以内)、交通の便が良好な永代供養墓をお探しの方はこちらからお探しください。

高齢の方や普段車に乗らない方にとっては移動の負担が少なく、いつでも行きたいときにお墓参りをして頂くことが出来ます。

また、お盆・お彼岸など多くの方がお墓参りに来られる時期には駐車場が混んだりすることもあるので、駅近はそのような心配が無いこ

とからもおススメです。

おススメの永代供養墓6選!

加古郡播磨町

播磨町・明石市の方に好評です!
2022年9月中旬 新永代供養墓OPEN予定です‼
<アクセス>

山陽電鉄「播磨町駅」徒歩14分
<所在地>
加古郡播磨町本荘4丁目2−8

<宗教>
宗旨宗派不問

 

加古川市

横蔵寺永代top画像 加古川市・稲美町・播磨町・明石市の方に好評です!
<アクセス>
加古川バイパス「東加古川インター」すぐ
JR神戸線「東加古川駅」徒歩10分

<所在地>
加古川市平岡町新在家900

<宗教>
宗旨宗派不問
願成寺永代top画像 加古川市・高砂市の方に好評です!
<アクセス>
加古川バイパス「加古川インター」すぐ
JR神戸線「加古川駅」徒歩10分

<所在地>
加古川市加古川町河原424

<宗教>
宗旨宗派不問

 

高砂市

高砂市・加古川市の方に好評です!
2022年4月から待望の新エリア分譲中‼

<アクセス>
JR神戸線「宝殿駅」徒歩10分
<所在地>
高砂市米田町米田460

<宗教>
宗旨宗派不問

西福寺永代top画像

高砂市・加古川市の方に好評です!
<アクセス>
山陽電鉄「高砂駅」徒歩5分
<所在地>
高砂市高砂町横町1079
<宗教>
宗旨宗派不問

姫路市

萬福寺永代top画像 姫路市・太子町の方に好評です!
<アクセス>
山陽電鉄「網干駅」徒歩10分
<所在地>
姫路市網干区垣内本町516

<宗教>
宗旨宗派不問

 

このような方におススメです。

永代供養・樹木葬は由緒あるお寺が管理・供養する安心のお墓です。

このようなお悩みをお持ちの方々におススメです。

■跡取り、子供のいないご夫婦や単身の方

■子供や孫に負担をかけたくない方

■子供が娘のみ、又は息子はいるが遠方の方

■お骨を納骨できずにお困りの方

■ご事情があって家族と別のお墓にしたい方

■お墓はあるが、継承者のいない方

■経済的にお墓は建てれない方

■先祖のお墓が遠くてお参りに行けない方

永代供養・樹木葬 6つの特徴

■個別型・集合型とニーズに合わせて選べます。

■檀家制限もなく宗旨・宗派も問いません。

■後の負担となる管理料(維持費)や寄付金がかかりません。

■お寺が年3回(春・秋のお彼岸、盆)永代に渡って供養します。

■生前でのご予約も可能です。

■お墓・納骨堂からのご遺骨の改葬も可能です。

近年のお墓事情

近年では核家族化や少子高齢化が進み、お墓を維持するのが大変になってきています。
従来では、お墓じまいをしてお付き合いのあるお寺の納骨堂や合祀のお墓に預けていました。
しかし、現在では合祀以外の永代供養墓も誕生し家族だけで納骨できるお墓と後継ぎが居なくても永代に渡り供養してもらえる合祀の永代供養のそれぞれのメリットを取り入れた、近代的な供養方法になってきています。
今回はお墓のプロである山石が明石・加古川・高砂・姫路エリアの駅近(駅から徒歩圏内)でおすすめの永代供養施設のご紹介や永代供養墓のメリット・デメリットをお伝えしていきたいと思います。

永代供養墓とは

永代供養墓とは、一般的には霊園や寺院がご家族に代わって供養・管理をしてくれるという意味で使われています。
従来、永代供養というとお寺にある合祀の永代供養墓が基本となっていました。
しかし、現在では合祀だけではなくご家族だけで納骨が可能な永代供養墓も増えてきています。
これまでは、お墓は家で代々受け継いでいくものとされていましたが、核家族化や少子高齢化・働き方の多様化によりお墓を受け継ぐことが難しくなってきました。
その様な背景から、後継ぎが居なくても申し込みができる永代供養墓に注目が集まっています。

永代供養墓のメリット・デメリット

永代供養墓のメリット

永代供養のメリットは、ご家族に代わって霊園や寺院が供養・管理をしてくれるところです。
その為、後継ぎが居なかったり子供さんが離れて暮らしているという場合でもお墓の継承を心配することなく申し込むことができます。
お墓を建てるのには、大体300万円前後の費用がかかってきますが、永代供養墓の相場は10万円〜100万円前後となっており管理費や維持費も不要なのでご家族への負担といった意味でも費用面でもメリットがあります。

永代供養墓のデメリット

永代供養墓の1番のデメリットとしては、ゆくゆくは他の方のご遺骨と一緒に合祀となる事です。
合祀とは、他の方たちのご遺骨と一緒に埋葬することで、一度合祀してしまうとご遺骨を取り出す事ができません。
しかも、永代供養墓は霊園や寺院によってお参りの仕方や法要についても制限がある場合があります。
納骨されている場所で手を合わせるのではなく、定められた場所でのお参りをしなければいけなかったり屋内の施設であれば線香が禁止されているなどあるので、永代供養墓を選ぶ時はそこもチェックしておくと良いでしょう。

よく聞く護持会費とは?

護持会費とは、納骨堂などを申し込んだ方が清掃や供養などの管理を管理者に依頼するために支払う維持費の事を言います。
護持会費の中には清掃費や供養だけでなく水道代なども含まれています。最近では「管理費」や「維持費」という呼び方が一般的です。

まとめ

今回は、永代供養墓のメリット・デメリットや明石・加古川・高砂・姫路エリアの駅近(駅から徒歩圏内)の永代供養墓6選をご紹介させていただきました。
合祀の永代供養墓や納骨堂などは昔からありますが、個別で納骨ができる永代供養はまだ明石・加古川・高砂・姫路市内ではそう多くありません。霊園や寺院が管理してくれる永代供養墓であっても、立地などのお参りのしやすさはとても大切です。
ご自身の条件に合った永代供養墓を今回の記事を参考に選んでみてください。